相互リンク

エログちゃんねる

人気ページ

空想 ]の記事

GW中に家に押しかけられ渋々コーヒーを淹れる巨乳次長お姉さん…チームワーク改善のための話し合いをするよう言いつけ一人追加された新機能を確認していると突然やって来た男性部下に告白される!【空想:電脳ビッチ ようこそえろげーワールドへ06 ~リアルセックスレッツプレイ!~】

ロリ顔大和撫子の凄腕柔術師のみなな…凄腕柔術師のみななに負けてから倒そうと通うヤンキーは今日も負けていた。外で昼寝をするみななの寝首を掻こうとみななに襲いかかるといきなり痙攣される!その姿を見たヤンキーは、みななが超多感症だと気づきチャンスとばかりにエッチに身体を触り生ハメセックスで連続アクメさせる【空想:最強性感少女ワンタッチみなな〜触られるとすぐイっちゃいます〜】

拓馬のことが好きなロリ顔の超爆乳大学生のはみ…はみの手違いでデッサンのモデルが来れなくなってしまい、はみは自ら拓馬のモデルになる。あやかと付き合っている拓馬のことが好きで振り向いてもらうためにおっぱいを大きくしたと言うはみは、全裸になり拓馬を誘惑!超爆乳パイズリをされ大量に射精し生ハメセックスで絶頂アクメ!【空想:巨乳の彼女がオレをそれよりはみ出る乳を持つ後輩が誘ってきて… 】

ギャンブルに負け億単位の負債を抱え地下に落とされた愛実…ギャンブルで負け知らずの愛実は西園寺の話に乗ってしまい多額の負債を抱えてしまい地下に送られてしまった!人権を剥奪され男たちに体を犯され中出し拷問レイプで肉便器としてのみ生かされる【空想:甘く危険なギャンブラー ~敗けた女はクズより底に下りて~】

無表情で清楚な明美…明美は半年前から誰かに憑かれいる感覚あった。 最初は五感が鈍る感覚だったが、時間が経つにつれ雷に打たれたような快感が襲うようになる!明美にそんな感覚をつけていたのは、神であるキモ男。明美を気に入り毎日のように精液を注ぎ込みマンコを犯す!【空想:時間停止中に所構わずキモバカに犯されて】

真冬に犯される流坂耀一…真冬が高麗城家にいた頃、高麗城家に引き取られ、斑の調教の練習台にされていた出生届のない、流坂耀一という子供がいた。メイドとの関係が父親にバレ禁欲の罰を受けていた真冬は、倒れていた耀一を発見する。女の子のようなおっぱいに惹かれ、アナルを犯し棄てた。そして現在、今回の事件の真相が暴かれる【空想:高く麗しきその城で 最終話】

謎の男にレイプされる高麗城家の三女・斑…高麗城家の宗主の殺人事件が解決に向かっている中、地下室では謎の男に斑は拷問レイプされていた。男は完全犯罪によって遺産や権力を手に入れられるところだったが、斑によって崩さた怒りで狂い斑のマンコを犯し破壊する!【空想:高く麗しきその城で 第四話】

謎の男にレイプされる高麗城家の三女・斑…高麗城家の宗主の殺人事件が解決に向かっている中、地下室では謎の男に斑は拷問レイプされていた。男は完全犯罪によって遺産や権力を手に入れられるところだったが、斑によって崩さた怒りで狂い斑のマンコを犯し破壊する!【空想:高く麗しきその城で 第四話】

幼少期から一族に酷い扱いを受け蔑まれてきた高麗城の超爆乳の次女・紅葉…高麗城の宗主である源五郎が殺され大騒ぎしている皆を眺めている紅葉。遺産も誰が殺されたとか紅葉には関係なかった。紅葉は自分を慰めるために地下に向かうと「存在しない弟・流坂耀一」に言葉責めされながらオナペットとして性処理として扱われる!【空想:高く麗しきその城で 第三話】

サイト内人気キーワード

作者一覧

最近のコメント

名無し : お隣の美人若奥さんの家で3Pおねショタ筆下ろしセックスで何度も射精してしまう...欲求不満で溜まっていた性欲を旦那と電話しながら若いちんぽ解消して搾り取ってしまう【オクモト悠太:ほろ酔いCherry-Pick】
 この恋に気づいてぐらいエロすぎてやばい 合意型NTR
名無し : (2/2話)母親と同じく家庭教師に想いを寄せる巨乳のJK...話し合いの結果母娘で共有しようと3P中出しセックス【オクモト悠太:もっと!カテキョ性活】
 やっば先生の名前学校の先生と同じ名前wwwwwwwwww
名無し : ショタを誘惑しちゃうデカいギャル…逆レイプにおねショタセックスで快楽堕ちしちゃう!【リブユウキ:委員長くん、デカいギャルに捕まる】
 ふーんエッチじゃん
名無しのメス乳 : 卒業式の日に文芸部の部室で後輩に告白された巨乳先輩JK…付き合うことになりキスをして乳首を舐められて乳首イキしてしまう!【あきのそら:そつぎょう】
 左乳首だけでイクのメチャクチャ、イイ…判ります。
名無しの人格者 : (5/5話)暴走して激しく犯されアへ堕ちする姉妹たち...想いを伝え合い順番にHして最後はハーレム中出しセックスでみんな一緒に気持ち良くなる【あきのそら:姉季折々 #4】
 この作品もう何十回も読んでしまった

アーカイブ